皆さん こんにちは

手相と四柱推命で
あなたの開運を引き寄せる
幸せ体質ナビゲーター

占えもん よしやん の
西端です。

 

今回も、お読みいただき
ありがとうございます。

 

今回は、
運命線の手相講座の
まとめ講座を続けます。

 

◇◇―――――
幸せ体質になれる、
運命線入門講座
Part 1の2
(まとめ講座)
◇◇―――――

 

 

 

 

 

 

 

 

 

手相の本やネットで
よく見かける、
立派で長い運命線は、
実際には大変珍しく、

短くても、
切れ切れでも、
薄くても、

運命線があるだけで
すごいことです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

上の図のような
運命線の場合は、

だいたい中年のころ、
努力が実り始め、

仕事や社会の中で活躍する
可能性があると読み取れます。

いずれ来るだろう
チャンスに向けて、
努力を怠らないことが
大切です。

 

また、生命線の
比較的起点に近いあたりから
運命線が立ち上がれば、

結果的に運命線が
短く見えますが、

 

生命線上の、
運命線が立ち上がっている
場所に大きな意味があり、

運命線の長い、短いは、
あまり意味のないことに
なります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

運命線が
途中で切れている場合、

必ずしも、
転職と言うわけではなく、

人生の大きな出来事

例えば、
仕事や社会での役割や、
生活の環境などの、

停滞や変化を暗示させます。

 

仕事が途切れるなどの
不運だけを
意味するのではなく、

環境の変化を望んでいた場合、
それが叶えられる可能性を
示こともあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

また、このように、
運命線が切り替わっている
こともあります。

運命の変化は生じますが、
割とスムーズに
変化する傾向があります。

 

転職等を希望する場合、
このように運命線が
切り替わっている時期に
転職をすると、

スムーズに転職ができる
可能性が高いと考えます。

 

次回からは、
人生がなぜ苦しいのかを
考えます。

 

最後までお読みくださり
ありがとうございました。

また次回、
このブログで
お会いしましょう。