皆さん こんにちは

自分らしい幸せを欲しいアラフィフが
自分の強みを見つけられる

手相と四柱推命の鑑定師、西端です。

 

本日も、開封いただき
ありがとうございます。

 

今回も、
幸せな人間関係の
築き方を考えます。

 

◇◇―――――
幸せ体質的
幸せな人間関係の
築き方 その7
◇◇―――――

 

 

 

 

 

 

 

 

6. 他人は違う

愛し合っている間柄だから、
お互い大切に思っているから、
同じ職場で働いているから、

などなど、

環境が同じだったり
一緒にいる時間が長かったり
すると、

気持ちが全て通じ合っていると
思いがちですが、

そうでないことが
多いものです。

 

夫婦や親子など家族ですと、

一緒にいる時間や
会話をしている時間が、
赤の他人より
長いわけですから、

 

同じことを考えているだろう、
同じ趣味趣向や感じ方を
持っているだろう、と
思ってしまいますが、

そうではないことって
よくあるんですよね。

 

恋人やご夫婦は、
他人同士ですものね。

他人は違うんです。
親子でも違います。

 

以前、
アメリカのキリスト教の牧師であり、
家族の抱える問題や
結婚のカウンセラーで有名な、

ゲーリー・チャップマン博士の著書
愛を伝える5つの言葉 の
内容とともにご紹介しましたが、

人間はそれぞれ違った、
愛情表現の方法や
感じ方を持っています。

 

愛する二人というのは、

お互いの、
違った性格や人柄に
惹かれあって、
一緒になっていることが多いので、

 

愛する二人が、
それぞれ違った
愛情表現の方法や、
感じ方を好むことは、

わかりやすいですよね。

 

だから、
自分のお気に入りではない、
愛情表現の方法で、
愛を語られても、

 

あなたのことを思って
私がこんなに努力しているのに、
ちっともわかってくれない

何かしてくれている
ようなんだけど、
ちょっと的外れなのよね

と、お互いの愛が
すれ違います。

 

愛しあっている仲でも、
一緒に過ごす時間が長くても、

他人は違う、
人それぞれ、
違うことを考え、
違う趣味趣向を持っている、

ということを理解することで、

 

幸せな人間関係を
手に入れることができます。

 

最後までお読みくださり
ありがとうございました。

 

また次回、
このメルマガで
お会いしましょう。