皆さん こんにちは

自分らしい幸せを欲しいアラフィフが
自分の強みを見つけられる

手相と四柱推命の鑑定師、西端です。

 

本日も、開封いただき
ありがとうございます。

 

今回から、
愛し愛される間柄に戻れる
秘密を探っていきます。

 

◇◇―――――
幸せ体質になって、
愛し愛される間柄に戻れる
魔法の言葉 Part 1
◇◇―――――

 

 

 

 

 

 

 

この世の全ての物は、
限りがあります。
永遠なものはありません。

 

それを、
諸行無常
しょぎょうむじょう
といいます。

 

諸行とは、全てのもの、

無常とは、
常が無い、続かない、

ですから、

全てのものは、
続かない、永遠ではない、
という意味になります。

 

この世のすべての物とは、
物質だけではありません。

私たち人間の気持ちも、
永遠ではありません。

 

愛する人と共に暮らすことが
幸せ、とばかりに、

苦しい時も、
楽しい時も、
愛を持って、
生涯お互いを支えあう

と、誓いあって
結婚しますが、

 

数年たってみると...

こんなはずじゃなかった、と
お悩みになるご夫婦は、
結構いらっしゃいます。

 

新婚の時は、

あなたに尽くしたい

と、無償の愛の気持ちで、
旦那さんのお世話を頑張り、

 

それに対して、

旦那さんも、
優しく、そして心から、

ありがとう

と、感謝の念を表した。

 

時がたつにつれ、
慣れとは恐ろしい。

 

こんなに世話しているのに(怒)

いつまでたっても、
自分の面倒も見られないのね

と、相手に対して、
恩着せがましい気持ちが
あふれます。

 

旦那さんは旦那さんで、

いったい、誰の稼ぎで
飯が食えると思っているんだ

とか何とか言って、

妻に対する、
感謝の気持ちを忘れてしまう。

 

さらに、妻がいろいろと
家庭を支えようとする努力を
疎ましく感じることも
あるようです。

 

諸行無常の悲しさか、

お付き合いしているときや
結婚当初の気持ちは
永遠には続かないものですね。

 

こんな、隙間風どころか、
夫婦の相互不信ともいえる
冷めた間柄になっても、

以前のような、
愛し愛される間柄に戻れる
魔法の言葉を探っていきます。

次回に続きます。

 

最後までお読みくださり
ありがとうございました。

 

また次回、
このブログで
お会いしましょう。