皆さん こんにちは

手相と四柱推命で
あなたの開運を引き寄せる
幸せ体質ナビゲーター

占えもん よしやん の
西端です。

今回も、お読みいただき
ありがとうございます。

 

今回からは、
運命について
考えます。

 

◇◇―――――
幸せになれないのは、
運命が悪いから?
◇◇―――――

 

 

 

 

 

 

 

 

 

何か悪いことが、
立て続けに起こったり、
思い通りに人生が、
進まなかったり、

人生は苦しいことが
なんと多いことか。

 

そんな時、ふと、頭の中に、

「私って、
運命が悪いのかしら」

「こんな不幸続きの人生だと、
運命づけられているのかしら」

と、運命というものの
しわざにしがちです。

 

恋愛や夫婦間の問題で、
悩んでいたら、
「あなたは、
男運が無いですね」と、
アドバイスされたり...

 

運命
翻弄されがちです。

正確にいうと、
運命という言葉に、
翻弄されがちです。

 

運命という字を、
うんめいと読み以外に、
さだめと読むこともあり、

運命という言葉に、
逃れられないもの、という
イメージが付きまとい、

良い運命に恵まれれば、
簡単に幸せになり、

悪い運命に取り付かれれば、
決して幸福にはなれない、

という印象があるかも
しれませんね。

 

しかし、
このブログを
ずっと読んでくださって
いる皆さんなら、

以前、
自業自得をご紹介したのを、
覚えていらっしゃる
でしょうか。

 

業は、行い、行為という
意味ですから、

自分の行為で(によって)
自分が
(良いことも悪いことも)
得る、受け取る、という
意味になります。

 

幸せの種まきをしていれば、
その幸せが、
自分のもとに訪れますし、

不幸の種まきをしていれば、
そのうち、
不幸に見舞われます。

 

もし運命が、
人の幸福に影響を与えている
のだったら、

その運命を、
日々の生活の中で、
変えていけるのでは
ないでしょうか。

 

次回は、
運命は変えられるのか、
考えていきます。

 

最後までお読みくださり
ありがとうございました。

また次回、
このブログで
お会いしましょう。