皆さん こんにちは

自分らしい幸せを欲しいアラフィフが
自分の強みを見つけられる

手相と四柱推命の鑑定師、西端です。

 

今回も、お読みいただき
ありがとうございます。

 

今回も、
左右の違う手相の見方を
続けます。

 

◇◇―――――
左右の手相が違う時、
手相のプロは
どう読み取るのか?
Part 3
◇◇―――――

 

 

 

 

 

 

 

 

左手の手相では、
先天運 とも呼ばれる、

生まれつき持っている、
気質や性格を、
主に読み取ります。

 

右手の手相では、
後天運 とも呼ばれる、

現在までの経験や
学習によって
培った気質や性質と、

今後の動向を、
主に読み取ります。

 

あなたが
手相を通して、

現在の状態や
今後の動向を
お知りになりたい場合、

右手の手相だけ読み取れば
良いように思われるかも
しれませんが、

 

左右両方の手相を観て
左右両方の手相から
必要な情報を読み取ることが
大変重要です。

 

左手の手相で読み取れる
気質や性格が
右手の手相では
表されていないということは、

生まれつき持っていた
気質や性格が、

現在では、
その人の性質の中では
特徴的ではなかったり、

ご本人も自覚が無いかも
しれませんが、

 

決して、
生まれつきの気質や性格が
無くなったわけではなく、

心の奥にしまい込まれて
いるだけです。

 

あなたの
幸せ体質づくりに
必要ならば、

生まれつき持っていたけど
現在は特徴的でなくなった
気質や性格を
呼び戻すことができます。

 

他の例では、

生命線から上がる開運線が、
左手にはあるが
右手にはない場合です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

開運線は、
開運の時期を示し、
幸運に恵まれます。

流年法で、
その年齢を特定します。

 

左手にはあるけれど
右手にはない、
ということは、

生まれつき
その開運のチャンスを
持っていたが、

残念なことに、
その開運のチャンスを
失ってしまった、
ということではなく、

 

今のままだと、
開運のチャンスに
恵まれないが、

生活や環境を変えることで、

生まれつき持っていた
開運のチャンスを
活かすことができる、と

読み取ることができます。

 

最後までお読みくださり
ありがとうございました。

また次回、
このブログで
お会いしましょう。