皆さん こんにちは

自分らしい幸せを欲しいアラフィフが
自分の強みを見つけられる

手相と四柱推命の鑑定師、西端です。

 

今回も、お読みいただき
ありがとうございます。

 

今回から
手相に関するよくあるご質問の
まとめ講座をお送りします。

 

◇◇―――――
手相に関するよくあるご質問
(まとめ講座)Part 7
◇◇―――――

 

 

 

 

 

 

 

 

1. 手相のラッキーM

手相のラッキーMとは、
ミラクルM線とも
呼ばれることがあり、

手相の、

生命線
知能線
運命線
感情線 がつながって

手のひらに大きく
アルファベットの大文字のMが
描かれているように
見える線のことです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

手相のラッキーMがあれば、
大変な幸運に恵まれる、と
言われますが、
なぜなのでしょうか。

 

これら4つの線が
つながって見える
ということは、

それぞれの線が、
だいたい同じような
濃さや太さで刻まれて

バランスよく配置されている
ということ。

 

人間的にバランスがとれ、
何かピンチに直面しても、

全ての能力を駆使して
そこから抜け出す方法を
見つけ出し、
実行できる人です。

 

また、
人間として尊敬される人が
多い傾向で、

いざという時に、
他人から援助の手が
差し伸べられるのも
多いのではないでしょうか。

 

どうしてもだめだ、
という時にでも、

最後の最後に希望が
見えてくることが多く、

手相のラッキーMの持ち主は、

大変な幸運や
ラッキーな目に会いやすい、と
考えられるようになったと
思われます。

 

2. 左右の似ている
手相の見方

左手の手相では、
先天運 と呼ばれる

主に
生まれつき持っている、
気質や性格を読み取り、

 

右手の手相では
後天運 と呼ばれる、

主に
現在までの経験や学習によって
培った気質や性質と、
今後の動向を読み取ります。

 

左右の手相がよく似ている方は、
生まれつき持っている
気質や性格のまま成長され、

生まれる前に予定されていた
運命に沿って生きておられる
可能性が高いと思われます。

 

生まれつきの気質や性格を
活かして
人生を歩まれますから、

ある程度、
やりたいように
生きることができる

恵まれた運勢の持ち主、
とも言えます。

 

次回は、
左右の違う手相の見方の
まとめ講座です。

 

最後までお読みくださり
ありがとうございました。

また次回、
このブログで
お会いしましょう。