皆さん こんにちは

手相と四柱推命で
あなたの開運を引き寄せる
幸せ体質ナビゲーター

占えもん よしやん の
西端です。

 

今回も、お読みいただき
ありがとうございます。

 

今回も
手相に関するよくあるご質問の
まとめ講座をお送りします。

 

◇◇―――――
手相に関するよくあるご質問
(まとめ講座)Part 4
◇◇―――――

 

 

 

 

 

 

 

 

C. 知能線が三又

下の図のような
三又の知能線の持ち主の
最大の特徴は、

言葉や文章による表現に
得意で、造詣が深く、
こだわりを持ちます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

頭の回転が速く、
マルチタスクが
可能な方も多く、

文章を執筆したり
書物の編集に関わったり、

自分の考えや意見を
明確にすることが求められる、
講師業や先生などが
向いているかもしれません。

 

D. 手相の旅行線

手相の旅行線は、
下の図の赤い線のように、

手のひらの下の方、
生命線から支線が
小指のある側に出ます。

多くの場合、
下に垂れたような形をします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

生まれ故郷を遠く離れて、
仕事で活躍するとか、
転職や引っ越しが多い人が

また最近では、
海外で仕事をする人も
よくお持ちだといわれます。

日本で働く外国人の方も、
この旅行線をお持ちのことが
多いですよ。

 

E. マスカケ・マスカケ線

時に、
感情線と知能線が、
見当たらないと思えるような
手相があります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

上の図のような手相の状態
それにあたり、

マスカケ、またはマスカケ線
と呼ばれます。

徳川家康公が持っていた
といわれ、
天下取りの相とも呼ばれます。

 

これは、
知能線や感情線が
無いのではなく、

知能線と感情線が
一本の線のように
結ばれている状態、
と言えます。

知能線と感情線が
結びついているので、

知性・知能と感情が
強く影響しあうことが
多いですね。

 

マスカケの持ち主は、
個性的なキャラクターの方が
多いともいわれますので、

家康公のように実行力を持ち、
努力に努力を重ねれば、
天下取りも夢ではないかも
しれません。

実行力の求められる
手相と言えます。

 

次回からは、
承認欲求と幸せ体質について
考えていきます。

 

最後までお読みいただき
ありがとうございました。

 

また次回、
このブログで
お会いしましょう。