皆さん こんにちは

手相と四柱推命で
あなたの開運を引き寄せる
幸せ体質ナビゲーター

占えもん よしやん の
西端です。

 

今回も、お読みいただき
ありがとうございます。

 

今回からは、
運命線に関する
まとめ講座です。

 

◇◇―――――
幸せ体質になれる、
運命線入門講座 Part 2の1
(まとめ講座)
◇◇―――――

 

 

 

 

 

 

 

 

運命線は、
知能線と同じく、
大変個性のある線で、
いろいろな形があります。

起点もいろいろで、
起点の場所によって、
意味が少し違ってくることが
あります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

人生経験を示す生命線から、
仕事や社会の中の役割を示す
運命線が出ていますから、

本人の努力や実力によって、
人生の成功や
仕事の達成を得る、
となります。

 

この運命線の起点を、
生命線の流年法によって
年齢を特定することが
できますし、

生命線上の開運線が、
はっきり、長くなった、
とも言えます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

手のひらの小指側、
知能線、
もしくは知能線の延長線上より
下の部分を、
月丘 げっきゅう と呼びます。

 

月丘は、直観力や人気などを
表しますから、

アイディアや想像力を
生かした仕事や、
人々からの人気が必要な仕事

具体的には、営業職や、
接客を伴うサービス業、
教師や講師業など、

また芸能人に、
この運命線を持っている方が
多い傾向です。

同僚や友人から慕われるなど、
人気者も多いですよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

金星丘 きんせいきゅう
とは、

手のひらの生命線と
親指の付け根の間の
ふくらみが感じられる
あたりのことです。

金星丘では、
家庭運や近親者との関係を
主に見ますから、

一般的に、
家族や親類との縁が深く、

親の財産や、
近親者の援助等を受けて、
運が開ける、と
言われます。

 

受け取る財産は、
金品とは限らず、

技術や知恵である場合や、
精神的な援助や、
豊かな心をうけとる、という
場合もあります。

 

次回も、
運命線のまとめ講座です。

 

最後までお読みくださり
ありがとうございました。

また次回、
このブログで
お会いしましょう。