皆さん こんにちは

手相と四柱推命で
あなたの開運を引き寄せる
幸せ体質ナビゲーター

占えもん よしやん の
西端です。

 

今回も、お読みいただき
ありがとうございます。

 

今回も、
運命線について、
続けます。

 

◇◇―――――
金星丘から出る運命線の特徴
◇◇―――――

 

 

 

 

 

 

 

 

金星丘 きんせいきゅう
とは

手のひらの生命線と
親指の付け根の間の
ふくらみが感じられる
あたりのことです。

そのあたりから、
運命線が上がることが
あります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

上の図で、
薄い灰色で表示したあたりが
金星丘です。

その金星丘と呼ばれる場所から
出る運命線を、
赤い線で表しています。

 

金星丘では、
家庭運や近親者との関係、
他者への愛情や思いやり
などを見ます。

 

手のひらは、
ツヤツヤとしている方が良い、
とか言いますが、

この金星丘の部分は
もともとしわが多いですから、

少々しわや線が多くても
気にする必要はありません。

 

金星丘から出る運命線の
読み取りですが、

 

一般的に、
家族や親類との縁が深く、

近親者の援助等を受けて、
運が開ける、
仕事が成功する、と
言われます。

 

実のご両親や親せきか、
配偶者のご両親や親類かは、
関係ありません。

 

また、親の財産や遺産を
受け継ぐ可能性が
高いといわれますが、

金品とは限らず、
技術や知恵である場合や、
精神的な援助や、
豊かな心をうけとる、という
場合もあります。

 

金星丘から出る運命線が
ある人は、

親孝行で、身内や親に
優しく接する優しい方が
多い傾向ですが、

 

見返りを期待せずに
(これが大切です)

さらに、親孝行や
ご先祖様への感謝の気持ちを
大切にすると、

もっといいことが
増えるかもしれませんね。

 

次回も、
運命線について
続けます。

 

最後までお読みくださり
ありがとうございました。

また次回、
このブログで
お会いしましょう。