皆さん こんにちは

手相と四柱推命で
あなたの開運を引き寄せる
幸せ体質ナビゲーター

占えもん よしやん の
西端です。

 

本日も、開封いただき
ありがとうございます。

 

今回から、
感情線の手相講座
第2弾です。

 

◇◇―――――
感情線が薄い人が、
幸せになるための秘密
◇◇―――――

 

 

 

 

 

 

 

 

 

生命線知能線と並んで、
手相の主要三線の一つ、
感情線は、

手のひらの小指側から、
出発します。

手のひらの上部を、
中指や人差し指の
付け根の方向に、
進みます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

感情線で分かることは、

情熱的か、
冷静か、とか、

喜怒哀楽が大きいか、
あまり感情を見せないか、などの、

感情に関すること。

 

手相の線が、
濃いとか薄いは、
他の線と比較する必要が
あります。

 

もし、感情線が薄くても、

知能線や生命線なども、
同じように薄かったら、

全体的に、
手相が薄いとは言えますが、

感情線自体が、
薄いとは言えません。

 

感情線が、
知能線や生命線に比べて、
薄かったら、

それが、
今回の話題、
感情線が薄い

となります。

 

薄い感情線の持ち主は、
感情を表に表さず、

行動するときも、
理路整然と考え、
感情に左右されることが、
少ない傾向があります。

物静かで、
周囲に気を遣うことが
できる人が多いですね。

 

喜怒哀楽が少なく、
冷めた人間と
見られることがあり、

周囲に気を遣うあまり、
気弱で
引っ込み思案に
なったりもしますから、

 

必要に応じて、
自分の感情を表に出し、

周囲とフレンドリーに
付き合う工夫をした方が、

楽に生きられるかも
しれませんよ。

 

感情に振り回されることが、
少なく、
謙虚に振る舞うことの
できる、
素敵な方が多いですね。

 

次回は、
濃い感情線に
ついてです。

 

最後までお読みくださり
ありがとうございました。

また次回、
このブログで
お会いしましょう。