皆さん こんにちは

手相と四柱推命で
あなたの開運を引き寄せる
幸せ体質ナビゲーター

占えもん よしやん の
西端です。

今回も、お読みいただき
ありがとうございます。

 

手相入門講座、
生命線の続きです。

 

◇◇―――――
生命線が途中で
切れている人が、
幸せになるための対処法
◇◇―――――

 

 

 

 

 

 

 

すーっと一本、
途切れることなく伸びた
生命線は、

幸運な生命線です。

なかなか、
きれいな生命線に、
お目にかかることは
できません。

 

生命線が、
途中で切れてしまう
ことがあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

これは、イメージ例ですから、
この図とは違う切れ方も、
多数あります。

 

一般的に、
手相の線が途中で
切れることは、

注意喚起の意味が
あります。

 

生命線は、
人生の流れを
象徴するので、

人生の停滞や、
運命の大きな変化を、
暗示させます。

 

人生の停滞や
運命の変化が
事前にわかるので、

準備や回避の方法を
講ずることができれば、

むやみに
恐れる必要はありません。

 

また、このように、
生命線が切り替わっている
こともあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

線の途切れた
ところから、

少しずれて、

途切れを補うような形で、
線が出ていることが
あります。

 

これは、
「生命線が
切り替わっている」
と呼び、

運命の変化は
生じますが、

割とスムースに
変化していく傾向が
あります。

 

次回は、
生命線に関する、
注意喚起のサインを、
続けます。

 

最後までお読みくださり
ありがとうございました。

また次回、
このブログで
お会いしましょう。