皆さん こんにちは

自分らしい幸せを欲しいアラフィフが
自分の強みを見つけられる

手相と四柱推命の鑑定士、西端です。

 

本日も、開封いただき
ありがとうございます。

 

生命線の長さと、
寿命の長さは、
関係ないことがわかって、
続けます。

 

◇◇―――――
二重生命線って何?
◇◇―――――

 

 

 

 

 

 

 

 

手相の生命線の内側、親指側に、

もう一本、
生命線があることがあります。

 

下の図で、

生命線の内側、
親指側に、
赤い線で記した線が、

二重生命線と、
呼ばれる線です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここでは、
わかりやすく
目立つように、
赤い線で描きましたが、

赤色の線、ではなく、
普通の色の線です。

 

たいていは、
生命線に比べ、
ずっとずっと薄く、

しっかり見ないと
見えないこともあります。

 

生命線から
発していたり、

生命線に沿って、平行に、
似たような弧を描きます。

短いこともあります。

 

二重生命線
持っている方は、
絶対ではありませんが、
身体が弱い傾向です。

そして、常に、
忙しく過ごしたいという、
という方が多いですね。

二つの役割をこなしたり、
ダブルワークに
精を出す人もいます。

 

休みの日でも、
一日中、何かと
家の用事を片づけたり、

休暇で旅行に出かけても、

ビーチで、一日中、
のんびり昼寝にふける、
てなことはなく、

忙しく、
あちらこちら
観光をする方を好みます。

 

また、忍耐強く、
困難を乗り越えることに、
喜びを見出す人も、
多い傾向です。

我慢しすぎないことが
大切ですよ。

 

次回は、
二重生命線に、
似ているけれど、
全然違う線の話題です。

 

最後までお読みくださり
ありがとうございました。

また次回、
このブログで
お会いしましょう。