皆さん こんにちは

手相と四柱推命で
あなたの開運を引き寄せる

幸せ体質ナビゲーター
占えもん よしやん の
西端です。

今回も、お読みいただき
ありがとうございます。

 

左手の手相と、
右手の手相の、
意味の違いがわかったところで、
続きます。

 

◇◇―――――
手相を見るとき、
左手・右手、
どちらの手を見るの?(後編)
◇◇―――――

 

 

 

 

 

 

 

 

生まれつきの
性質や気質がわかる
左手の手相の読み取りと、

現在の性質や気質、
そして、
今後の動向がわかる
右手の手相の読み取りを、

どのように
鑑定結果に生かすのか、
お話ししますね。

 

占えもん よしやん では、
手相から読み取れる情報を、

そのままご相談者様に
お伝えするだけでは、

占い鑑定ではない、と
考えます。

 

例えば、
「若い頃、〇〇なことが
起きたでしょう」

これだったら、
単なる、あてっこゲーム。

たいていの場合、
ご相談者様の過去を当てても、
お悩みの解決には

つながりません。

 

そして、
「この線が、あるから、
あなたは、
◎◎が、できないんですね」

これは、
ご相談者様にとって、

不得手とすることの
理由がある程度わかって、

納得いただけることも
あるのですが、

あなたの開運を引き寄せるには、
不十分。

 

占えもん よしやん では、

左手から把握した、
もともとの性質や気質を
踏まえながら、

右手から
現在の価値観や
将来の動向を読み取り、

総合的に、
鑑定結果に反映させます。

 

たとえば、
「あなたは、もともとは、
▼▼を好む傾向がありましたが、

現在は、△△な気持ちも
お持ちではありませんか。」

「あなたが、
願っていらっしゃるように

10年後くらいに、
○○になると、読み取れますが、

あなたの気質を踏まえ
▲▲に関して、努力をされては
いかがでしょうか。」

こんな具合です。

 

開運の種や兆しは、
手相や四柱推命で、
判断できます。

しかし、
あなたが
ご自分で、
実行しないと

何事も実現、
開運
しませんから、

このようなアドバイスを
させていただいております。

 

次回は、
幸せ体質になれる、手相講座入門
として、
過去5回のブログのまとめを、
お送りします。

 

最後までお読みくださり
ありがとうございました。

また次回、
このブログで
お会いしましょう。