皆さん こんにちは

手相と四柱推命で
あなたの開運を引き寄せる
幸せ体質ナビゲーター

占えもん よしやん の
西端です。

 

本日も、開封いただき
ありがとうございます。

 

今回は
承認欲求と幸せ体質についての
まとめ講座です。

 

◇◇―――――
承認欲求を持ったままで、
幸せ体質になる秘密 Part 6
(まとめ講座)
◇◇―――――

 

 

 

 

 

 

 

 

承認欲求とは、

自分をもっと見てもらいたい
自分を理解してもらいたい
自分を認めてもらいたい

という、

人間が誰でも持っている
欲求の一つで、

子どもから大人まで、
誰でも持っています。

 

お釈迦様の説かれた
仏教の教えでは、

承認欲求は、
五欲の一つに数えられ、

108つの煩悩の中でも
特に私たちを苦しめる
三毒の煩悩の一つである
貪欲に含まれるという、

人間を苦しめる
大きな要因の一つとして
あげられています。

 

しかし、
子どもが勉強や部活に
励むモチベーションを
生み出し、

仕事や家族の世話に対する
やる気を生み出してくれ、

承認欲求は
良い効果がありますが、

なぜ、仏教では、
私たちを苦しめる要因の一つと
されたのでしょうか。

 

お釈迦様が説かれた、
貪欲に含まれる五欲は、
以下の通りです。

1.食欲(しょくよく)
2.財欲(ざいよく)
3.色欲(しきよく)
4.名誉欲(めいよよく)
5.睡眠欲(すいみんよく)

 

食欲や睡眠欲など、
全くなかったら
生命の危機に瀕するものも
含まれています。

しかし、
欲望が多すぎるのは問題ですね。
食欲が多すぎるのは、身体の毒
睡眠も長すぎると、身体に悪い。

 

同じように、
五欲の中の名誉欲にあたる、
承認欲求も、

多すぎると、
私たちを苦しめるものに
なるのかも、しれません。

 

本来良いはずの承認欲求が
人々を苦しめるのは、

周りの人からの、
承認や注目を、
強く求めすぎることに
原因があります。

承認欲求が強すぎると、
承認欲求の強い人自身が
苦しくなるだけでなく、

周囲の人まで不幸の道連れに
巻き込んでしまいます。

 

承認欲求には、
他人から認められたい
他者承認欲求 と

自分で自分を認めたい
自己承認欲求 とに
分けられます。

 

他人次第の承認を得るために
苦しくなるような努力を
払うのではなく、

自分の基準で自分を承認する
自己承認欲求の場合、

全ては自分次第ですから
他人の評価を気にすることなく
精神的に自立した生活を
送ることができます。

承認欲求を持ったままで、
幸せ体質になれます。

 

次回からは、
手相講座を再開します。

 

最後までお読みいただき
ありがとうございました。

 

また次回、
このブログで
お会いしましょう。