皆さん こんにちは

手相と四柱推命で
あなたの開運を引き寄せる
幸せ体質ナビゲーター

占えもん よしやん の
西端です。

 

今回も、お読みいただき
ありがとうございます。

 

今回も
承認欲求と幸せ体質について
考えていきます。

 

◇◇―――――
承認欲求を持ったままで、
幸せ体質になる秘密 Part 2
◇◇―――――

 

 

 

 

 

 

 

 

前回、承認欲求とは、
自分をもっと見てもらいたい
自分を理解してもらいたい
自分を認めてもらいたい
という、

人間が誰でも持っている
欲求の一つで、

子どもから大人まで、
誰でもが持っているものだと
ご紹介しました。

 

それでは、
このブログで
教えをご紹介させていただく
お釈迦様は、

仏教の中で、どのように
説かれているのでしょうか。

 

仏教では、
人間が持っている欲求・欲望を

貪欲 とんよく として、

108つあるとされる煩悩
一つとして位置づけられて
います。

 

この貪欲は、
108つの煩悩の中で、

三毒の煩悩
さんどくのぼんのう

の一つとして、
特に私たちを苦しめるものと
されています。

 

ちなみに、
貪欲以外の三毒は、

瞋恚 しんい
怒りの心

愚痴 ぐち
恨み・妬みの心

とされています。

 

貪欲は、人間の持つあらゆる
欲望を表しますが、

主な欲望を
五欲 ごよく として
説かれています。

1.食欲 しょくよく
2.財欲 ざいよく
3.色欲 しきよく
4.名誉欲 めいよよく
5.睡眠欲 すいみんよく

 

承認欲求は、
自分のことを認めてほしい、
という欲望ですから、

上の五欲のなかでは、
4. 名誉欲にあたります。

 

以上より、
仏教の教えでは、

承認欲求は、
五欲の一つに数えられ、

108つの煩悩の中でも
特に私たちを苦しめる
三毒の煩悩の一つである
貪欲に含まれるという、

人間を苦しめる
大きな要因の一つとして
あげられていますね。

 

これだけを見れば、
幸せになるには、
幸せ体質になるには

承認欲求を持っては
いけないもののようにも
見えますが、

果たしてそうなのか、
次回以降、考えていきます。

 

最後までお読みいただき
ありがとうございました。

 

また次回、
このブログで
お会いしましょう。