皆さん こんにちは

自分らしい幸せを欲しいアラフィフが
自分の強みを見つけられる

手相と四柱推命の鑑定師、西端です。

 

本日も、開封いただき
ありがとうございます。

 

今回は
短い生命線に隠された
秘密のまとめ講座です。

 

◇◇―――――
手相の生命線が短くたって
問題ありません。
なぜなら...その4
まとめ講座
◇◇―――――

 

 

 

 

 

 

 

 

手相で、尽きない
お悩みの一つに、

手相の生命線に関する
ものがあります。

 

生命って名前がついている
くらいだから、
長い方が良いのかな?

生命線が短かったら
寿命が短いのかな、

というものです。

 

はっきり言って、

生命線の長さと、
寿命の長さは、
関係ありません。

 

ですので、
生命線が長くても
長命とは限りませんし、

生命線が短くても、
早死にするかどうかは
分かりません。

 

また、短い生命線の中には、

近くを通る運命線に
切り替わっていることが
よくあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

生命線が、運命線に、
切り替わっていますから、

切り替わった先の運命線は、
生命線の続きを
兼ねていることになります。

 

生命線の流年法を

生命線が運命線に
切り替わっている場合、

運命線上でも
応用できます。

 

運命線が生命線の続きだと
言っても、

生命線から運命線にかけて、
切り替わっていますから、

 

人生において、

社会の中の役割や仕事などや、
生活環境に関して、
またはその両方で、

大きな変化が起きる暗示が
あると言えます。

 

もし、転職や転居などで、
人生を変えたいという
意欲がある場合は、

変化の時期などを、
参考になさったら
いかがでしょうか。

 

最後までお読みくださり
ありがとうございました。

 

また次回、
このメルマガで
お会いしましょう。