皆さん こんにちは

自分らしい幸せを欲しいアラフィフが
自分の強みを見つけられる

手相と四柱推命の鑑定師、西端です。

 

本日も、開封いただき
ありがとうございます。

 

今回は、
生命線が描くカーブについて
考えます。

 

◇◇―――――
生命線の大きなカーブと
小さなカーブ その1
◇◇―――――

 

 

 

 

 

 

 

 

前回の、
「お金が稼げそうな
手相の特徴」で、

生命線の描くカーブについて
少し触れましたので、

今回はより詳しく
考えていきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

生命線は、
親指と人差し指の間あたりから、
手のひらの中央を通って、

手首の方に向かって、
大きく弧を描く線ですね。

 

弧の生命線の弧、
生命線のカーブが、

中指を超えて、
薬指の下のあたりまで
張り出していたら、

大きなカーブ、

 

人差し指から中指にかけての
下あたりに
カーブが張り出していたら、

小さなカーブ

 

と言うことができます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

上の図は、生命線の
小さなカーブと
大きなカーブを、
かなり極端に描いており、

実際にはこのようには
差が明らかではありません。

 

また、
手の大きさや形は、
個人によって
まちまちですから、

小さなカーブと
大きなカーブを
見分けるには、

手相を観ることに
かなり熟練している必要が
あるでしょう。

 

次回は、
生命線の小さなカーブと
大きなカーブの差について、
考えます。

 

最後までお読みくださり
ありがとうございました。

また次回、
このメルマガで
お会いしましょう。