皆さん こんにちは

自分らしい幸せを欲しいアラフィフが
自分の強みを見つけられる

手相と四柱推命の鑑定師、西端です。

 

今回も、お読みいただき
ありがとうございます。

 

今回からは、
手のひらの上の
丘と平原のお話しです。

 

◇◇―――――
手のひらの丘と平原
Part 1
◇◇―――――

 

 

 

 

 

 

 

 

手のひらに、
丘と平原とはどういうことか
びっくりされるかも
しれません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

上の図のように
手のひらの中の
いろいろな場所を表すために、

8つの丘と1つの平原が
定められています。

 

それぞれの丘には
それぞれ別の意味があり、

手相の線と丘の意味を
併せてみれば、
手相の線が意味することが
より分かるようになります。

手のひらを、
手相の地図として、
見ていることになります。

 

上の図の1番の場所は、
木星丘と呼ばれます。
人差し指の付け根周辺です。

 

2番は、土星丘
中指の付け根周辺です。

 

3番は、太陽丘
くすり指の付け根周辺です。

 

4番は、水星丘
小指の付け根周辺です。

 

5番は、月丘と呼ばれます。
手のひらの小指側の下、
手首付近です。

 

6番は、金星丘
親指の付け根付近、
生命線の内側です。

 

7番が、第一火星丘
8番が、第二火星丘
9番が、火星平原と呼ばれます。

 

木星丘から水星丘までの
4つの丘は、

指の付け根付近の
盛り上がったところにある、と
言われることもありますが、
特に関係ありません。

盛り上がっていなくても、
それぞれの指の付け根付近が、
丘と呼ばれるところと
考えています。

 

次回からは、
それぞれの丘の意味を
考えていきます。

 

最後までお読みくださり
ありがとうございました。

また次回、
このブログで
お会いしましょう。