皆さん こんにちは

自分らしい幸せを欲しいアラフィフが
自分の強みを見つけられる

手相と四柱推命の鑑定師、西端です。

 

今回も、お読みいただき
ありがとうございます。

 

今回も、
人生の夢や目標について
考えます。

 

◇◇―――――
幸せ体質的、
人生の夢や目標が
見つからない人への
アドバイス その3
◇◇―――――

 

 

 

 

 

 

 

 

多くの大人の傾向として、

人生を送るにおいて
夢や目標を持ち、

それに向かって
邁進している生き方が
良い生き方だ、

と、常識として
信じられています。

 

時に、
夢や目標を持つことを
「強要」されるような、

ドリーム・ハラスメント

とも言えるような状況も
起きてしまいます。

 

そのためなのか、

人生の夢や目標が
見つからなくて、

ストレスに感じてしまう人も
少なくありません。

 

私たち大人は、
子どもたちに対して、

良かれと思って、
夢を持ちなさい
と声を掛けますが、

 

子どもたちにとって、
夢が描けない、という
現実もあるのです。

 

子どもが夢を描けない
現実の第一として、

大人の理解できる夢や
目標でないと、

将来なりたい夢として
尊重されない、

ことがあげられます。

 

例えば、子どもが、

「私、将来ユーチューバーに
なりたい!」 とか、

「株のオンライントレードで
儲けるんだ」

と言った場合です。

 

一部の、
先進的な技術や職種に理解ある
大人を除いて、

 

大方の大人は、

「そんな仕事より、
もっと現実的な仕事を
目指しなさい」と、

せっかくの子どもの夢を
歯牙にもかけないのが、
現実ではないでしょうか。

 

芸能界に入って、
お笑い芸人やアイドルに
なりたい、

といった夢に対しても、

 

もっと現実を見ろ、
地に足がついた目標を持て、

と対応してしまいます。

 

しかし、一方、

「俺、甲子園で活躍して、
プロ野球選手になりたい」

「Jリーグのサッカー選手を
目指すんだ」と言った場合、

堅実な夢だ、と、
子供を応援したくなる大人が
多いのではないでしょうか。

 

しかし、実際は、

お笑い芸人になって
売れることも、

プロ野球選手になって
活躍することも、

同じくらい難しく、

多くの一般人にとって
非現実的なことです。

 

大人の理解できる夢や
目標でないと、

将来なりたい夢として
尊重されていません。

 

長くなったので、
次回に続けます。

 

最後までお読みくださり
ありがとうございました。

 

また次回、
このブログで
お会いしましょう。