皆さん こんにちは

自分らしい幸せを欲しいアラフィフが
自分の強みを見つけられる

手相と四柱推命の鑑定師、西端です。

 

今回も、お読みいただき
ありがとうございます。

 

今回も、
人生の夢や目標について
考えます。

 

◇◇―――――
幸せ体質的、
人生の夢や目標が
見つからない人への
アドバイス その2
◇◇―――――

 

 

 

 

 

 

 

 

夢や目標があると、

人はそれに向かって
努力し、頑張る、と
思われていて、

人生に夢や目標は必要だと
よく言われます。

 

逆に、
人生を送るにおいて、
夢や目標がなかったら、

 

あれ、大丈夫かな?

と思われたりして、

 

夢や目標があって、
それに向かって
邁進している生き方が
良い生き方だ、

と、常識として
信じられているようです。

 

特に、子どもたちは、

親や学校の先生たちなどの
周囲の大人たちから、

将来何になりたいですか?
将来の夢は何ですか?
夢を持ちなさい! と

いつもいつも言われます。

 

皆さんは、

ドリーム・ハラスメント

という言葉を
ご存じでしょうか。

 

子どもたちや、
時には子どもより大きな
大学生や大人に対して、

夢は何ですか?
夢を持ちましょう、

と、呼びかけます。

 

将来なってみたい自分
という夢や目標が、
本心から出てくる場合は
良いですが、

 

そうではなく、

 

夢や目標を描けない
人に対しても、

夢を持つことを
「強要」している、
とも言え、

ハラスメントとも言える
状態が起きています。

 

しかも、

 

子どもたちは、
夢を持つことを
「強要」されますが、

 

大人の側は、

子どもたちに
夢を持つことを「強要」
してるだなんて

思いもよらないことです。

 

子どもたちのためを思って、
良かれと思って、

夢を持ちなさい

と声を掛けます。

 

しかし、
子どもたちにとって、
夢が描けない、という
現実もあるのです。

 

長くなったので、
次回に続けます。

 

最後までお読みくださり
ありがとうございました。

 

また次回、
このブログで
お会いしましょう。