皆さん こんにちは

自分らしい幸せを欲しいアラフィフが
自分の強みを見つけられる

手相と四柱推命の鑑定師、西端です。

 

今回も、お読みいただき
ありがとうございます。

 

今回も、
嘘やごまかしが、
人生に与える影響を
考えます。

 

◇◇―――――
嘘やごまかしは
なぜ良くないの?
幸せ体質的に考えます
Part 3
◇◇―――――

 

 

 

 

 

 

 

 

なぜ人は、

嘘をついたり、
ごまかしたり

するのかと言えば、

 

自分のせいで、
自分の行いによって
何か悪いことが
起きているときに、

 

その責めを
負わないで済むように

自分が苦しみから
逃れられるように、

 

嘘をついて、
ごまかします。

 

想像してみてください。

 

皆さんが、
嘘やごまかしを
言った場合、

どういう気分に
なられますか?

 

簡単な嘘や
他愛もないごまかし
ではなく、

たとえば、

 

自分が担当のプロジェクトの
進捗が遅れているのに、

しかも自分の不手際や
さぼった結果、
遅れているのに、

 

上司には、
順調です、
スケジュール通りです、
と報告したとしたら、

どんな気分になりますか?

 

突然、何か奇跡が現れて、
プロジェクトの遅れを
挽回しない限り、

 

一日30時間くらい仕事をして
遅れを挽回しない限り、

 

いつかは、
プロジェクトの遅れが
ばれてしまいます。

そして、
その遅れの理由も
知られてしまいますよね。

 

*自分の嘘がばれるだろうか?

*いつ嘘がばれるだろうか?

*もしばれたら、どんな責めを
負うことになるのだろうか?

 

こんな不安に、
心がかき乱されるのでは
ないでしょうか。

 

責めを負わないために
ついた嘘、

苦しみたくないから
やったごまかし、

なのに、

結局、別の不安で
苦しむことになって
しまいます。

 

これを仏教では、

自業苦 じごく と言います。

 は自分の行いという
意味ですから、

自業苦で、

自分の行いで苦しむ
となります。

 

地獄 は、
死んだ後の苦しみで、

自業苦 は、
生きている間に味わう
苦しみです。

 

長くなったので、
次回に続けます。

 

最後までお読みくださり
ありがとうございました。

また次回、
このメルマガで
お会いしましょう。