皆さん こんにちは

自分らしい幸せを欲しいアラフィフが
自分の強みを見つけられる

手相と四柱推命の鑑定師、西端です。

 

今回も、お読みいただき
ありがとうございます。

 

今回は、
不幸とご先祖様に
ついてです。

 

◇◇―――――
不幸が続くのは、
ご先祖様への供養が足りない
からなの? Part 1
◇◇―――――

 

 

 

 

 

 

 

 

自分や家族の身の上に
何か不幸が続くと、

ご先祖様への供養が
足りないから、
ご先祖様が怒っているんだ、

と信じることがあります。

 

特に、
さまざまな事情で
お墓参りが
できていなかったり、

お宅に仏壇等がある場合は、
毎日のお勤めが
おろそかだったりすると、

ご先祖様が
泣いていらっしゃる、
怒っていらっしゃる、と
いわれれば、

後ろめたくも
感じてしまいます。

 

しかし、
自分や家族の身の上に起きた
不幸な出来事とご先祖様は
関係ありません。

 

以前もご紹介しましたが、
自分が不幸だ というのは、
単なる、思い込み。

正常に思考が働かなくて、
不幸の負の連鎖に
とらわれていることも
よくあります。

そして、
因果の道理 を理解し、
実践できると、
みるみる、
幸せ体質になりますよ。

 

自分に起きた
出来事の結果には、
必ず
現実的な原因があります。
例外はまったくありません。

そして、その原因は、

善因善果 ぜんいんぜんか
悪因悪果 あくいんあくか
自因自果 じいんじか

幸運な結果を得たのは、
自分が、
幸運の種を蒔いたから。

不幸な結果を得たのは、
自分が、
不幸な結果を蒔いたから。

 

他人が原因で、
自分が不幸になることは、
ありません。

ですから、ご先祖様も
関係ありません。

 

もちろん、
ご先祖様を尊び、
時にご先祖様のことを
考えることは
とても大切なことです。

皆さんが
現在この世に
生を受けていらっしゃるのも
ご先祖様が
いらっしゃったから。

 

そして、
ご先祖様の供養のため、と
思って行っている墓参りは

今生きている
私たちのために
とても役に立っています。

次回は、
生きている私たちの
役に立っている
墓参りについて
考えます。

 

最後までお読みいただき
ありがとうございました。

 

また次回、
このブログで
お会いしましょう。