皆さん こんにちは

自分らしい幸せを欲しいアラフィフが
自分の強みを見つけられる

手相と四柱推命の鑑定師、西端です。

 

本日も、開封いただき
ありがとうございます。

 

今回は
苦を正しく見る、
苦をあきらかに見る、
について、さらに続けます。

 

◇◇―――――
悲しみや苦しみが
襲ってきたとき、
幸せ体質的対処するコツ
Part 5
◇◇―――――

 

 

 

 

 

 

 

 

 

人生において、
悲しいこと、苦しいことに
襲われたときに、

その対処の第一歩が、
苦諦で表されている、

苦を正しく見る、
苦をあきらかに見る、です。

 

直面している
悲しいこと、苦しいことを、

あきらかに見ることにより、

問題の本質が
見えてきますから、

その苦しみを克服するための
対処の方法が
見つかりやすくなります。

 

また、起きている問題は、
結果ですから、

原因も必ずあります。

 

悪い結果が起きているときに、
なぜ起きてしまったのか、

その原因を探り、
反省することは、
つらいことですが、

その原因を正しく分析し、
その原因克服に努めれば、
結果は変わります。

 

家族全体、
なんかギクシャクして、
空中分解しそうだ、

というお悩みがあったと
いたしましょう。

 

モヤモヤとした
気持ちを持ったまま、

神社にお参りし、
家内安全のお守りを買う、

という対処の方法も
あるかもしれませんが、

決して、苦しみを
あきらかに見ているとは
言えません。

 

なんかギクシャクと
いいますが、

 

どういう状態なのか、
どのような

悪い影響があるのか、

家族の中の
誰と誰の関係が
特に悪いのか

その原因は何なのか、

 

問題から目を背けずに、
あきらかに見る必要が
ありそうです。

 

そして、必ず、
自分も蒔いた
種まきの結果が、
目の前の問題点です

 

次回は、

苦しみを消し去ることは
できませんが、

苦しみの質を
変えることによって、
対処するコツについて
考えます。

 

最後までお読みくださり
ありがとうございました。

また次回、
このブログで
お会いしましょう。