皆さん こんにちは

自分らしい幸せを欲しいアラフィフが
自分の強みを見つけられる

手相と四柱推命の鑑定師、西端です。

 

本日も、開封いただき
ありがとうございます。

 

今回も、気にしすぎる人が
人間関係で悩まなくなる秘訣を
考えます。

 

◇◇―――――
幸せ体質的、気にしすぎる人が
人間関係で悩まなくなる秘訣
その3
◇◇―――――

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヤマアラシのジレンマとは

人間関係でお悩みのお二人が
試行錯誤しながら
適切な距離感を探ることを、

主に意味しますが、

 

気にしすぎる人が
よく直面する
人間関係のお悩みに
あてはめて考えることも
できます。

 

気にしすぎる人は、

ご自分の性格を
ネガティブにとらえて
いらっしゃることが
多いですが、

決して悪いことでは
ありません。

 

気にしすぎる人の多くは、
よく考える人。

手相の特徴でいえば、
手相の線が多い傾向です。

 

考えることが好きで、

また、じっくり考えて
実行するので、
あまり間違えません。

 

控えめではありますが、

とても愛情深く、
優しい人が多い。

 

気にしすぎる人が
何を気にするのかと言えば

他人の目。

 

人の目を気にする人は、
洞察力に優れ、
想像力も豊か。

相手の立場に立って
考えることができる、
思いやりの深い人です。

 

周りの人がどう思うか、
ということにも、
思いが馳せられる人。

要は、周りの人に、
気遣いができる人。

だから、周りの評価も
高い人が多いですね。

 

気にしすぎることは、
決して欠点などではなく、

立派な個性。

 

でも、

あまりにも気にしすぎると
生きづらいことも
事実でしょう。

 

私って、
どう思われているんだろう、

一緒にいる人が、

何を考えているんだろう、
楽しい時間を
過ごしているのかしら、

などと考えすぎると、
必要以上に疲れてしまいます。

 

そして、結果的に
人間関係がうまく行かない、
ということも、よくあります。

 

なぜかと言えば、

人の目を気にしすぎたり
人に気を使いすぎたりすると、

ヤマアラシの背中の
鋭いトゲのように、
相手をチクチク刺して
しまうこともあるからです。

 

長くなったので、
次回に続けます。

 

最後までお読みくださり
ありがとうございました。

 

また次回、
このメルマガで
お会いしましょう。