皆さん こんにちは

自分らしい幸せを欲しいアラフィフが
自分の強みを見つけられる

手相と四柱推命の鑑定師、西端です。

 

今回も、お読みいただき
ありがとうございます。

 

今回から、
愛しているのに
憎しみあうについての
まとめ講座です。

 

◇◇―――――
幸せ体質的、
愛と憎しみの秘密 Part 7
まとめ講座 1
◇◇―――――

 

 

 

 

 

 

 

 

ある時は災いが、
ある時は幸福がやってきて
常に入れ替わりながら
変わっていくように、

愛している と
憎んでいる も、
入れ替わり立ち代わり
やって来ることがあります。

 

これを仏教では、

愛憎一如
あいぞういちにょ といい、

愛と憎しみは一つなんだと
説かれています。

 

さらに、

愛しているからこそ、
怒りが湧いてくる、
憎たらしく思う、
こともあり得ます。

 

愛していれば、
相手を信じます。

何かと頼れる、
支えてもらえる、と
あてにします。

心も通じ合っていると
思います。

 

もし、
好きでもない相手に、
期待を裏切られても、

少しは悲しいかもしれませんが、

しゃーないな!
相手が悪かったかな、
くらいで、気が収まることが
多いでしょう。

 

期待する、
心待ちにする気持ちが、
大きければ大きいほど、

自分の期待する気持ちが
叶えられなければ、

裏切られた、という、
悲しい気持ち、
憎たらしく思う気持ちが、
強いものになるます。

 

夫婦の間や、彼女彼氏の間
だけではなく、

子どもに対しても、

会社や組織、それに
上司に対して腹立つのは、

愛しているからですし、
頼っているからです。

 

愛情は、
私たちの生活に大切で、
無くてはならないものですが、

同時に、
憎しみの感情を引き起こす
一つの要因となることも
わかります。

 

次回も、
愛しているのに
憎しみあうについての
まとめ講座を続けます。

 

最後までお読みくださり
ありがとうございました。

また次回、
このブログで
お会いしましょう。