皆さん こんにちは

自分らしい幸せを欲しいアラフィフが
自分の強みを見つけられる

手相と四柱推命の鑑定師、西端です。

 

今回も、お読みいただき
ありがとうございます。

 

今回からは、
愛しているのに
憎しみあうについて
考えます。

 

◇◇―――――
幸せ体質的、
愛と憎しみの秘密 Part 1
◇◇―――――

 

 

 

 

 

 

 

 

皆さんは

禍福はあざなえる縄のごとし
 かふくはあざなえる
 なわのごとし

という言葉をご存じですか。

 

禍は災い、
福は幸福です。

あざなえる とは
より合わせるという意味です。

不幸も幸福も
より合わせた
縄のようなものだ
という意味になります。

 

ある時は災いが、
ある時は幸福がやってきて

常に入れ替わりながら
変わっていく。

または、
不幸と幸福は、
表裏一体をなすものだ、
という意味です。

 

実は、
愛している と
憎んでいる も、

入れ替わり立ち代わり
やって来ることがあります。

まるで、
愛憎はあざなえる縄のごとし
です。

 

愛し合って結婚したはず
なのに、

数年たってみると、

こんなはずじゃなかった...

お互いのあら捜しばかりで、
憎しみに満ちた二人の関係。
よくある話ですね。

 

子どもことを
愛しているはずなのに、

腹が立ったり、
思わず手を上げてみたり。

 

まさに、
愛している と
憎んでいる が、
入れ替わり立ち代わり
やってきます。

 

これを仏教では、

愛憎一如
あいぞういちにょ といい、

愛と憎しみは一つなんだと
説かれています。

 

次回から、
なぜ、愛と憎しみが
一つなのか、
考えます。

 

最後までお読みくださり
ありがとうございました。

また次回、
このブログで
お会いしましょう。